離婚相談をする離婚カウンセラーとは?

そもそも「離婚カウンセラー」とはどういう立ち位置で皆さんとお話するのでしょうか?
実は未だに離婚を行う為の「別れさせ屋」という印象を持ってる人が多いようです。

実は実際に「本人が離婚したいのだから離婚を勧めて当たり前」という離婚カウンセラーの方もいらっしゃいます。
更に言えば、そういう離婚カウンセラーの方が相性が良い相談者もいるということ。
離婚を勧めることが悪いのではなく、相談者のニーズに合っているかどうかが重要だということです。

離婚カウンセラーとは様々で、カウンセラーの"色"というものがあります。
つまりカウンセラーの"売り"というやつです。

離婚を勧めるカウンセラーもいれば、まずは解決できる可能性を探るカウンセラーも存在します。
私はおすすめしたいのは、まず離婚を回避できるかもしれない可能性を探ることです。
離婚と言うのは労力もかかりますし、将来の不安なことがつきまとうと思います。
せっかく愛し合って、縁があって結婚したわけですから、最初の頃のように戻ることができればベストなわけです。

その為にはまずは本人の努力が必要になってきます。
パートナーに対して気遣いが無かった、または相手だけが悪いと思ってたというのはよくあるお話です。
ちょっとした努力で解決に至るケースもあります。
そのアドバイスをもらえるのが離婚カウンセラーであり、その努力が通じなかった時に離婚をしても遅くはないはずです。

もちろんその時は離婚カウンセラーも離婚を勧めるかもしれません。
相談者の気持ちや環境など、本当に千差万別だと思います。
その中から的確なアドバイスをもらえるのが離婚カウンセラーだと言えるでしょう。
離婚カウンセラーと弁護士熟年離婚という離婚相談