離婚相談は離婚カウンセラー?それとも弁護士?

離婚相談をしたいと思った時、真っ先に思うのが弁護士だと思います。
しかしここで注意をしなければいけないのは、弁護士は離婚問題自体は相談に乗ってくれないということです。

「夫が浮気して…離婚しようかどうか迷っています…」と弁護士に相談したとしても弁護士は困ってしまうだけです。
弁護士が手助けしてくれるのは、離婚をしたいと決意した時です。
離婚をしたいけどどうすれば良いか、法律的に有利になるのか不利になるのかなど。
つまりスムーズに離婚ができるように手助けしてくれる人だということです。

そして離婚カウンセラーは、離婚をするか迷っている人、解決策を見つけたい人が行く場所です。
もちろん離婚を勧めることはできますが、いざ離婚をする時に法律的なスムーズさを求めるところではないということです。

この差をしっかりと踏まえると、離婚カウンセリングで離婚問題について質問する。
そして離婚をすると決意すれば弁護士の助けを借りる。
これが正しい流れになります。

現在の状況を把握し、法律と照らし合わせてどのような離婚条件にするかなどはやはり弁護士が適しています。
順序を的確に踏まえると離婚問題た離婚もスムーズに事が運ぶと思います。

実際に離婚カウンセラーからの弁護士紹介ということをしている場所もあります。
この違いさえ踏まえていれば、無駄な時間が短縮されると思うので是非覚えておいた方が良いよ思います。

餅は餅屋ということで。
離婚カウンセラーとは